美感青汁の便秘効果はどうなの?主成分のクマザサについて

美感青汁の便秘効果はどうなの?主成分のクマザサについて

美感青汁には美容成分が豊富に含まれている事と、美味しいマンゴー味で青汁が苦手な人でも気軽に食べれる事で人気ですよね。

更に、スティックゼリータイプなので、大手メディアにも取り上げられている位話題です。

 

美感青汁の便秘効果はどうなの?主成分のクマザサについて

 

「でも、美感青汁の便秘効果はどうなの?」

美感青汁に含まれている青汁部分のメインに何が入っているか調べてみると、クマザサ、明日葉、菊芋、かごめ昆布等の青汁成分が配合されています。

 

昔から美容と便秘解消は密接に関係していて、長時間老廃物が体内に留まる事で、肌のコンディションが悪くなり、ニキビは肌荒れ等の原因となり、腸内の悪玉菌より発生する有害なガスが、腸内へと吸収され血液と共に全身を巡るようになります。

美容のみならず、健康の為にも便秘は必ず解消したいですよね。

 

美感青汁で便秘解消! クマザサについて

クマザサの名前の由来は、冬眠前と冬眠明けの熊が絶対に食べる笹だからです。

クマザサの体内を浄化する作用を無意識的に知っているからですね。

 

冬眠前にカロリーやタンパク質の高い食事を中心に摂る熊は、冬眠中に排便する事が出来ません。

なので、簡単に言うと長期間「便秘状態」になると言う事です。

 

冬眠中に腸内で食べ物が異常発酵し、悪玉菌が増殖、体内に有毒ガスが溜まる等で体調不良等が起きてしまわないように、血液浄化作用、解毒作用、腸内環境正常化等の効果の高いクマザサを必死に摂る訳です。

 

美感青汁が便秘解消効果の高い理由としては、このクマザサの豊富なクロロフィル(葉緑素)、リグニン(食物繊維)による物で、更に鉄、カリウム、マグネシウム、カルシウム(ミネラル)、ビタミンC、ビタミンB1 B2、ビタミンK、トリテルペノイド、バンフォリン、アンソツコウ酸、アラビノキシラン、リグニン等も含まれています。

 

美感青汁の主成分であるクマザサには便秘解消効果以外にも、糖尿病予防、高血圧予防、解毒作用、口臭予防、口内炎予防、コレストロールの低下、血液サラサラ効果、血液を下げる効果、貧血、胃腸を健康にする効果、免疫機能向上効果等もあります。